イマドキのブーケ事情

ブーケ, 結婚準備について

ブーケに使う花材について

花嫁の象徴であるブーケ。かつては当たり前のように生花で作られていましたが、最近はいろいろな材料を使ってブーケがつくれます。いくつかのブーケを紹介し、自分らしいブーケを持ってください。

ブーケのルーツは花冠?

Bouquet=花束(フランス語)の意味です。調べると諸説ありますが、19世紀前半ヨーロッパが起源とされています。かつてはブーケではなく白い銀梅花とオレンジの花の花冠を頭にのせていたそうです。銀梅花は「祝いの木」とされていて、白い色は「純潔」を表し、オレンジの花は多くの実をつけることから「子宝に恵まれるように」と込められました。それからまた時を経て、20世紀には、男性が婚約した女性に毎日花束を贈るという習慣があったようです。時代とともに習慣は変わり、花婿は結婚式の朝に花嫁に花束を贈られるようにあったようです。この逸話がブーケの始まりです。また、男性が最愛の女性にプロポーズをするときに、自らの手で野に咲く花を集めて花束を贈りましたその返事が「yes」であれば、受け取った花束の中から一輪彼の胸ポケットにお返しをしました。その一輪が『ブートニア』だから、花嫁はブーケを持ち、花婿はお揃いのお花を胸ポケットに挿してあるのです。プロポーズをして、お返事を頂いたよ。そんな意味が込められています。このことから、花嫁の持つブーケは『生花』で作られているのが当たり前でしたが、今ではいろんな材料でブーケを楽しむ方が増えてきています。

生花ブーケ

生花ならではの可憐さがとても贅沢。どんなドレスを選んでも相性はばっちりです。お花の種類にもよりますが、最初は3分咲きのブーケが時間とともに少し開いていき、見る時間によってお花の表情が変わります。歩いている際にほんのり甘い香りがするのも生花の特徴。生きているものなので全く同じブーケはぞ存在しません。もちろん、そのままの状態で残しては置けませんが、それだけ贅沢で一番きれいな状態のブーケを結婚式で持てます。その後はアフターブーケにして想い出を残す方もいます。また季節によってお花を選びます。実際に咲いている時期とは違い、花が市場で出荷されるのは咲く時期より数カ月早いタイミングです。ブーケや会場のお花を生花にこだわりたい方は、自分の使いたい花が用意できる時期かも考えて結婚式の時期を決めましょうね。

アフターブーケ

結婚式で使った生花のブーケを結婚式後も残せるように加工したものです。実際に使ったブーケやブートニアを押し花にして額に入れて残す方もいます。また、プリザーブドにして立体で残すこともできます。結婚式は生花で楽しんで、アフターブーケで想い出を残すのも素敵です。

ドライフラワーブーケ

生花を乾燥させて長期保存のできるブーケ。生花の華やかさや可憐さとは違った味わい深さがあります。クラシカルなドレスやナチュラルテイストの結婚式で相性抜群。アンティークな雰囲気が甘すぎず、品の良さや大人っぽさ、ワンランク上のアイテムとして存在感があります。くすみがかった色味でおしゃれ感UP!結婚式後はお部屋に飾り長期間楽しめます。ドライにできる花材に制限があり、デリケートなので扱いは慎重にになりますが、季節を問わず花材が用意できるのもポイントです。また手作りにチャレンジしやすいのも特徴です。最近ではワークショップも多くあるので、手作りのブーケで結婚式を飾るのもいいですね。

アーティフィシャルフラワーブーケ

アーティフィシャルフラワー=造花です。100円ショップにもある安価なものから、生花よりも高額な造花まで幅広くあります。結婚式でアーティフィシャルフラワーというと、クオリティーの高い造花を使うので生花と価格は変わりません。場合によっては少し高くなるものもあります。実は、インターネットで「ブーケ」と画像検索をすると、意外にもアーティフィシャルフラワーのブーケが多いんです。意外と気づいていない方が多く、それだけアーティフィシャルのクオリティーが上がっています。生花なのか造花なのか気づかないレベルです。シーズン問わず花材を選べますし、生花と違って色合いも安定しているので、イメージ通りのブーケが仕上がります。また、早めに作って確認しながら理想のブーケに近づけていくこともできます。結婚式後もずっと想い出として残しておけますし、メンテナンスフリーなのも安心です。

プリザーブドフラワーブーケ

生花を特殊な液で加工し、乾燥させて作ります。見た目の質感が生花のようで、とても神秘的です。また加工の仕方によっては生花では出せない色味が出せ、カラードレスのデザインに合わせて花の色も自由に選べます。プリザーブドフラワーでメリアブーケもできます。花びらを何枚も重ねていき大きな1輪の花をかたどったメリアブーケは、贅沢で華やかで個性的な印象です。保管方法をしっかりすれば、結婚式後は2、3年は楽しめる花材のひとつです。ただ、かなりデリケートな花材なので、慎重に扱いましょう。

ビジューブーケ

花は一切使わず、ビジューや羽やブローチなどをふんだんに使ったアメリカ生まれの斬新なアートブーケ。ブローチブーケとも言います。なんといってもキラキラ輝くビジューや品のあるコットンパールを使ったゴージャスなブーケは乙女心をくすぐります。結婚式場のライトに反射して胸元で輝くブーケは他ではみない特別なアイテムとなることでしょう。ナイトウェディングをされる方や暗めのカラードレスを選ぶ方にぜひ選んでいただきたいブーケの一つです。花材とは違ってどっしりと重みのあるブーケになります。ドレスを傷つけないように注意が必要です。

ジャイアントフラワーブーケ

紙でつくるペーパーフラワーです。非日常の空間を演出できるジャイアントブーケ。人と同じくらいの大きさの1輪のペーパーフラワーを持つ新婦はまるでおとぎ話の世界。ガーデンウェディングには間違いなく映えますね。ジャイアントフラワーはブーケだけでなく会場装飾にもお勧めです。インパクトがあり、フォトジェニックなアイテムになります。オンリーワンの結婚式を求める方にぜひ知ってほしいブーケです。

ワイルドブーケ

ラフに持つクラッチスタイルが基本。これまでのブーケのカタチとは違い無造作な動きのあるデザインが特徴。使う花材も生花とドライとアーティフィシャルを組み合わせたり、あえて野花や野草を選んでナチュラルにしたり、ワイルドフラワーを使って存在感のあるブーケにしたり、ブーケの幅が広がっています。実際にご結婚式を挙げた方や準備中の新婦が選ぶ最も人気のブーケ。最近の結婚式ではナチュラルテイストでドレスはシンプルなものを選び、ブーケで存在感を出す新婦が増えてきています。

ブーケのカタチ

ラウンドブーケ

丸いボール型のブーケです。ウェディングでは一番王道のカタチ。お花が密集していて華やかな印象です。どんなドレスのラインにも相性のいい形です。

クラッチブーケ

「きゅっと握る」

キャスケードブーケ

「滝」

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

関連記事はありません。