結婚式は挙げるべき?

結婚式について

結婚式ってなに?

ふたりの婚姻を成立させるための儀式【挙式】両家の結婚をお披露目するパーティー【披露宴】があります。最近では、結婚式よりも先に入籍を済ませる方や、お子様を授かる方もおりますので、少しずつ意味合いが薄れてきています。挙式のみをおこなうケースもあります。結婚式を行わない『なし婚』や写真だけで済ませる『フォト婚』親族だけで行う少人数の食事会も増えています。もちろんいろいろな理由があって『挙げない』を選択する方、なんとなく『やらない』と決めた方、もう一度「結婚式を挙げた方がいいんじゃないか?」と思ってもらえるように!また、結婚式を挙げる方も改めて結婚式を挙げる意味を考えてみてください。

結婚式を挙げない派

入籍をしたカップルが結婚式をする割合は約50%とされています。想像していたよりも少ないと感じる方もいるでしょう。縁あって結ばれたふたりが、結婚式を挙げない選択をしたのはなぜでしょう。

【経済的負担を抑えたい】

これから新たな生活をスタートさせるふたりにとって、1日のために何百万も使うよりは今後のために貯金を考えるのは賢明ともいえます。実際結婚式でご祝儀を頂くとしても、100万円以上を自己負担される方もいます。

【妊娠中または子どもがいるから】

妊娠をしていると「子どもが生まれてからにしようかな。」と考える方も、実際にお子様が生まれると、「今更いいかな。」と思う方も多いです。また、妊娠されていると体調のことが心配であったり、子どもを抱えての打ち合わせのイメージができないことでしょう。

【年齢的に恥ずかしい】

女性の社会進出がきっかけに晩婚化が進んでいます。一定の年齢を超えると「純白はもう着られないかな」と自己判断させることも多いのではないでしょうか。年齢的に結婚式をあきらめる方もいらっしゃいます。

【パートナーが2度目なので】

1度結婚を経験している方は増えてきています。いまではあまり珍しい関係ではありませんが、中には「2度も結婚式を挙げられない」「パートナーに気を使って結婚式を挙げない」「ゲストを呼べない」という声もあります。

結婚式を諦めないで!

結婚式を挙げたくても諦めていた方の悩みを解消!結婚式のプランやスタイルによって、おふたりにピッタリな結婚式ができます。例えば、経済的に不安な方には『会費制ウェディング』レストランなどを使っておしゃれな結婚式。レストランなのでお食事は間違いなですし、式場とは違ってお花屋演出にとらわれることなく負担を抑えて行えます。お子様がいらっしゃる方や妊婦さんへは『パパママプラン』『マタニティープラン』など、結婚式場でもしっかりサポートしながらできるプラン作りができています。妊娠経験のあるプランナーさんやベテランプランナーさんがついてくれる式場もあります。打合せの負担のないように考慮されていて、安心して任せられます。年齢的に気が向かない方やパートナーのことを考えている方には、『海外挙式』もおすすめです。ご家族だけを呼んで、ゆったりとした時間を楽しむのもいいですね。また『親族中心の少人数パーティー』もおすすめです。限られた人数での結婚式ですが、両家のご親戚にもしっかりご挨拶のできるスタイルです。結婚式を挙げようか悩む方にはいろんな不安があります。その不安が解決できるのであれば結婚式を挙げてみようかなと思う方は増えるのではないでしょうか。

誰のために結婚式を挙げるの?

おふたりの『けじめ』のひとつとして、今までお世話になった方や人生に大きくかかわった友人、いつも暖かく見守ってくれた家族を招いて感謝の気持ちを述べ、これから家庭をもつふたりの新たな決意を伝える最高の機会になります。また、両親が懇願して考える方もいます。結婚式を挙げるのが当たり前と思う親御様も少なくないです。息子の晴れ舞台を見たい。娘とバージンロードを歩きたい。これまで大切に育ててきてくれた親御様のためにも結婚式を行う方もいます。また、パートナーのために行う方もいます。自分の好きな人が輝く日をプレゼントすることはとても大事なことです。

主役になれる!

人生で主役になれるのは3回といわれています。1度目は生まれたとき。2度目は自分の結婚式。3度目は自分のお葬式。その中でも、まわりの笑顔が見られて、感謝を伝えられて、心に刻まれる日は結婚式だけです。ふたりのためにたくさんの方が集まり、温かい言葉をかけてくれます。励ましてくれます。これから長い人生のなかで、つらいことがあっても夫婦二人が立ち返る最高に幸せな想い出。また、こんなに多くの方に支えられてふたりは今を過ごして言うという実感ができます。

結婚式の意味

結婚式のセレモニーにはいろいろな意味が込められています。

ベールダウン

ベールには魔除けの意味があり、悪魔から花嫁を守るとされています。そのほかに、ベールダウンはお母さまからの最後のお仕度の意味もあります。チャペルの扉が開く前に行うことから、母のお腹に戻るという意味もあるようです。

バージンロード

バージンロードは花嫁の人生を表しています。扉があいた瞬間は新婦がこの世に誕生した瞬間。最初の一歩は初めてハイハイをした日。次の一歩は初めて歩いた日。ウェディングステップは、よちよち歩きをイメージしてあります。一歩一歩に意味が込められていて、これまでの人生を親御様と思い出しながら歩き、これからの人生を新郎と力強く歩んでいきます。

ベールアップ

ベールは魔除けであると同時に、新郎と新婦の間の障壁でもあります。ふたりの間の障壁を取り払うとともに、「これからは私があなたをお守りします。」そんな意味が込められています。お互いにこれからは隠し事をせずに歩んでいきましょう。

誓いのキス

誓いの言葉を述べた後に行う誓いのキスは、『約束を口で封印する』という意味が込められています。最近では頬っぺやおでこにキスをする方もいますが、意味を知ると口にキスをしたくなりますね。

指輪の交換

リングは途切れることのない形状か『永遠』の意味を持ち、左の薬指は心臓につながっているという考えから『心臓=心』また左手の薬指には愛を深めるパワーが宿っているそうです。『二人の愛は永遠』という意味を込めて、毎日指輪をつけることでお互いを思いあうことを忘れないように。

何百年、何千年と続く結婚式。少しずつかわっているものはありますが、その中でも大切に受け継がれている結婚式のセレモニーの一瞬一瞬には意味が込められており、その意味をたどることで結婚式を挙げることの重要さやを感じていただければと思います。結婚式を控えている方にも、結婚式を挙げるか悩んでいる方にも、結婚式にまつわるジンクスや意味合いをしることで、結婚式への思いも変わってくるのではないでしょうか。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

関連記事はありません。