ハワイウェディングってなに?メリットとデメリット

ハワイウェディングについて

ハワイウェディングとは

『結婚式』といってもいろんなカタチがあります。ホテルやゲストハウスを選ぶ方もいれば、最近ではおしゃれにレストランや屋外で行う方も。結婚を決めたカップルはまず、結婚式を挙げるか…。を考えます。当たり前のように結婚式を考える方、写真だけにする方、親族でのお食事会にする方、おふたりの環境や結婚に対する思いをバックグラウンドに結婚式のカタチが決まっていきます。その中の選択肢の1つに海外ウェディングがあります。ハネムーンを兼ねて行える海外ウェディングは年々選ぶ方が増えてきています。その中でも今も変わらず人気な場所が『Hawaii』です。ハワイの教会やビーチでおふたりが愛を誓う。それがハワイウェディングです。

ハワイが選ばれる理由

海外ウェディングといっても、バリ島やプーケット島やモルディブのあるアジアンリゾートや、パラオ・グアム・サイパンなどのミクロネシア、フランス・イタリア・ドイツ・スペインなどのヨーロッパと、素敵で憧れる場所はたくさんあります。その中でもいまもハワイが選ばれる理由。一言でいえば環境が整っているからです。

現地での準備も安心

基本的には日本で打合せを行ってから現地に向かいますが、現地では最終確認やリハーサルなどの打ち合わせもあります。英語を話せる方も、普段使わない単語に戸惑うかもしれません。その点ハワイでは、日本人コーディネーターの対応ができる教会が多くあります。また多くの日本のウェディング企業が進出しているため、安心して任せられます。衣裳店も日本とハワイにサロンを持つ会社が増え、今ではウェディングドレスを自分で飛行機で運ばなくてもいいほど便利になっています。スタイリストやカメラマンも現地在住の日本人の方も多いです。特に、メイクは日本人にやってもらえて方が安心ですよね。結婚式をサポートしてくれる方と日本語でコミュニケーションがとれるのは最大の安心です。

家族や友人に声をかけやすい

アジア圏は好みがあるし、ヨーロッパは旅費が高い…ここにもハワイを好む理由があります。ハワイは1年を通して気候も落ち着いており、旅行気分で来てもらえる場所です。「結婚式をきっかけに行きたかったハワイへ行ける♪」そんなご友人もいらっしゃるでしょう。ハワイにとって日本人はメジャーな観光客。そのため、ワイキキエリアほとんどのお店で日本語が通じます。新郎新婦だけでなく、参列するご家族にとっても安心して過ごせる地域です。日本人が経営するショップやレストランもあるので英語が話せなくても楽しめます。

教会が多い

ハワイでの挙式スタイルはいくつかあります。その1つに、地域の方が利用する教会でも挙式が行えます。最も歴史のある教会や、ハワイの自然をイメージしたステンドグラスが特徴的な教会、真っ白でかわいらしい雰囲気の教会や、ガーデンにガゼボのある教会、バージンロードの長い教会。たくさんの教会の中からおふたりに合った教会を選べます。そのほか、ガーデン挙式やビーチ挙式、チャペルでの挙式とハワイでは100ヵ所以上の挙式会場が選べます。

安定した気候

ハワイのも雨季はありますが、1年通して安定した気候なのでおふたりのお仕事の都合で時期を決め易いのもポイントです。また暖かい地域なので荷物も少なくて済みます。結婚式とハネムーンを兼ねての旅行になるのでお土産のことを考えると荷物は少ないに越したことはありませんね。

国内で挙げる結婚式と何が違うの?

国内での結婚式とハワイでの結婚式を比較してみましょう。メリットとデメリットを追求

国内結婚式のメリット

【たくさんのゲストを呼べる】

会社関係・親族・ご友人とこれまでお世話になってきた方を招待して結婚式が行えるのは国内だからです。自分のためにたくさんの方が集まってくださることは一生でそうないでしょう。たくさんの方に見守られて結婚式を挙げることで、ふたりの決意や将来に対する安心も生まれます。

【式場見学ができる】

国内であれば、式場を見学して会場選びができます。会場選びのポイントとして、『会場・チャペルの雰囲気』『お料理がおいしい』『立地がいい』などありますが、実際に見学をし、試食ができるので安心してゲストをおもてなしできます。

【和装が着れる・神前式ができる】

最近は『和婚』がひとつのブームでもあります。日本人ならではなスタイルが今の若い世代にも受け継がれています。神社で神前式を挙げる方もいれば、洋風な会場でも、白無垢や引き振袖、色打掛と格式のある衣裳を選ぶ方も少なくないです。鬘を被って、綿帽子や角隠しにされる方は多くはないですが、場所と時代に合わせて洋髪で和装をされる方は増えています。日本人だけでなく、国際結婚をされるカップルにも日本の歴史を感じる結婚式スタイルを選ばれる方がいます。

【打合せがたくさんできる】

結婚式で大事なパートナーにウェディングプランナーという職種があります。結婚式をつくり上げるのに欠かせない存在です。ゲストの方に失礼がないように、またおふたりにあった素敵な提案をしながら結婚式当日までの道のりを導いてくれます。国内の結婚式は平均4カ月前から打合せが始まり、平均5回打合せを行います。プランナーが結婚式のマナーやおふたりのゲストに失礼がないかなど参加するゲストに合わせたプランニングをしていきます。席の位置や引出物まで細かい打合せから、進行やお花などの打ち合わせなど、何度も会場に出向いて打合せを重ねていきます。

国内結婚式のデメリット

【神経を遣う】

どこまでの方を招待したらいいの?誰と誰を隣り合わせにしたらいいか、席次表の名前の漢字や肩書を間違えたらどうしよう。ゲストが多ければ多いほど細かいところまで気を配ります。『全員が全員楽しくて満足』の評価を得られることはほとんど不可能です。コース料理においても、ご高齢の方とご友人と生活環境も違いますから当然皆様が満足のいくものを求められません。どこかで万人受けするものとおふたりらしさ、そしてご列席される方の肩書に応じての対応が求められます。またその対応力が評価されるのも事実です。

【準備に時間がかかる】

結婚式場で行う打合せの回数はある程度決まっていますが、実際は自分たちでやらなくてはいけないことがたくさんあります。また、招待状や席次表といったペーパーアイテムやウェルカムボード、プロフィールムービーは今となっては手作りがほとんどです。なんとか予算を抑えるために手作りができるものは頑張ろうと思うものですが、共働きの多い現実ではなかなか難しいことでしょう。また、時間がない分は予算を上げるしかなくなります。

【休みが取り辛い】

結婚式場も土日祝日は基本婚礼が入っています。プランナーも忙しい曜日ですので、結婚式の準備や前撮り、荷物の搬入など仕事を休まなくてはならないこともあります。ただ、会社によっては有休を取り辛かったり、ハネムーンで長期休暇を控えている方は申請しにくかったりと、お休みが取りにくいのも現実です。

海外結婚式のメリット

ハワイウェディングのメリットは上記でお伝えしました。そもそも海外で結婚式を挙げるメリットを紹介します。

【ハネムーンも一緒に楽しめる】

海外挙式を選ぶ方のほとんどが、そのままハネムーンを楽しみます。ふだんお休みが取り辛い方も長期連休が取りやすかったり、家族で参列する方は両家の交流がより深まったりと、うれしいこともたくさん。忙しい日常を忘れてのんびり過ごすのもいいですよね。

【煩わしい打合せや悩みが解消】

結婚式の準備は、日本では1年前から行う方も多いです。というのも、結婚式の人気のシーズンに偏りがあるからです。人気の会場は1年以上前でないと予約が取れないケースもあります。海外ウェディングは早くても半年前、場合によっては2~3ヵ月前に動き出す方も少なくありません。海外ウェディングはふたりだけで行う方や両家のご家族のみで行う方、声を掛けたとしても本当に親しい友人までの方が多いです。そのため打合せは少なく、ゲストへの対応や親族への配慮など細かい打合せがありません。ふたりの都合のいい日程で話を進められるので、スムーズに段取りができます。共働きで打合せや手作りに時間と労力をかけられない方にはおすすめです。

【費用がリーズナブル】

海外挙式は高そう!漠然とそう思う方は少なくないと思います。結婚式は見えないお金が多いですよね。打合せをしていかないと何に費用が掛かっていくのか、何をプラスしていくのか…最初の時点では見えません。それは国内でも国外でも同じです。ただ、実際に挙げた方の平均として、〈海外挙式…100~150万円〉〈国内結婚式…60名で300~350万円〉ご祝儀を考えても海外挙式のほうがリーズナブルです。

【ロケーションが最高・海外マジック】

開放的なロケーションに、ふだん見慣れない景色。街並みの色合いや英字で書かれた看板、本物のアンティーク家具に囲まれて、どこにいても画になります!なによりも「海外に来たー!」まずはテンションが上がりっぱなしで旅のスタートです。ウェディングドレスを着て街を歩くことも、カメラにポーズをすることも、音楽にノって踊ることも、抵抗がなく楽しめるのは『海外マジック』

海外結婚式デメリット

【会場の見学ができない】

実際に見ないことには広さのイメージや色味など細かな部分は感じ取れません。国内で挙げる方の式場選びのポイントで「チャペルの雰囲気が素敵だった」と答える方もいます。写真や資料では見れるものの、実際に見ることは難しいです。

【気軽に招待できない】

日程的にも費用面でも参加できる方は限られてきます。なので海外挙式は少人数で行うことが多いです。たくさんの友人を招待したかったり、お世話になった方からも祝福を受けたいという方はなかなか難しい選択になります。

【言葉が通じるか不安】

海外では言葉も違えば文化も違います。コミュニケーションがうまく取れなかったり、しっかりとマナーを理解しておかないと知らない間に失礼なことをしてしまうケースもあります。食事が合わないということも考えられますね。一言で『海外』といってもさまざまです。海外結婚式を考える場合は、国もしっかり選びましょう!

国内VS海外結婚式まとめ

どちらにもメリットとデメリットはあります。新郎新婦が理解したうえで最高の結婚式を行えるのが一番大切です。日本の結婚式のように両家と両家の絆を大切にする古き良き結婚式も素敵ですし、大切な方だけを招いて海外で行う結婚式にも家族の絆はあります。自分たちに合った結婚式を選んでください。

 

 

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

関連記事はありません。